2016年01月29日

自在といった貸し自転車サービ

以前、ガソリンなどの燃料価格が高騰した時から、街で宅配業者が、台車や自転車の後ろにリヤカーをつけて荷物を運んでいるのを見かけるよ瑪姬美容うになった。

 ガソリン高騰を受けて始まったものだろうが、燃料が安くなってもこの配送方法が定着したようだ。
"eco" ですね。

それに駐車違反も取られる事がないなど、利点は結構ある。


$BOOTS STRAP実際これは、活躍しているようだ。

ちょっとおもしろくなって、ほかに、どんな自転車があるんだろうかと調べてみると、
結構おもしろい自転車がある。

たとえば、これ
$BOOTS STRAP
どこの国なんだ?
フレームもタイヤも木製。 典型的な"eco" 。

そして、こ空氣清新機
どっちに進んでいるんだ?

やり過ぎだろうと思ったりする。

だけども近年、新たに自転車が、かなり人気を得ているそうだ。

たとえば、パリでは、簡単に借りられ返却もス「ベリブ(Velib')」がスタートしてから好評を得ているそうだ。

車などに頼らずに、"eco" 動力が斬新なものになった。


この傾向は、どうも新たな産業革命が起こる予兆なのかもしれないと思う。

8世紀から19世紀にかけてイギリスでスタートし、全世界に広がっていった。

この産業革命、その本質は? と言えば、巨大な力を生み出す内燃機関などの
『動力革命』と『製鉄技術革命』の二つだと言う事ができるだろう。
この二つの恩恵は、かなり科技發展大きい。

巨大なエネルギーと鉄が、我々の生活すべてを変えていった。

社会形態もそれにあわせて作り出され、変化していった。
都会生活は、まさに産業革命の賜物であり、それを支える社会構造も、
消費を美徳として便利と思えるモノの方に靡(なび)いて行ったように思える。

だけど、ちょっと、回れ右ですね?

今の時代、
「ところで、ホントに必要なものは何?」
と思い返す必要があるようだ。

トラックで宅配する事を当然としてきたところに、
台車や自転車のリヤカーでやってみると、それの方が便利で機敏でさえある。

「ホントに必要なものは何?」

と思い返すところが、新たな『産業革命』のような気がする。

この革命は、深く静かに進行しつつあるようだ。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。